DIVING

ダイビングの前にお酒を控える

ダイビングする前に準備すること、第一は体調管理です。二日酔いや寝不足、風邪気味や頭痛など、少しでも体調が良くないと水中では陸上の何十倍も危険なので、絶対に無理はしないことです。少しでも不安がある時はインストラクターやダイブガイドに遠慮せず相談することは必要です。
体調が完璧だったら、最低限水着を用意します。水着以外はダイブショップでレンタルすることができます。もし自分の器材を揃えたいのなら、最初に購入するにはマスクとシュノーケル、フィン、ブーツの軽器材が良いでしょう。レンタルマスクではく、自分の顔に合ったマスクはダイビングを快適にしてくれます。
もし次に器材を準備するのであれば、ダイブコンピューターをお勧めします。ダイブコンピューターはどれくらい海の中に入れるかを的確に計ってくれるものです。もちろんダイブガイドやバディがダイブコンピューターを持っていれば大丈夫という人もいますが、多少深度が変わったりするので、やはり自分のダイブコンピューターでダイビングするのが安全です。軽器材とダイブコンピューターは持ち運びも割と簡単なので、ダイビング旅行に持っていく際もコンパクトな最低限器材だと思います。最後にレギュレーターとBCBの重器材とウェットスーツを準備すると良いと思います。こちらのすべてのセットを持ち運ぶのもかなりの量と重さになります。